埼玉県『つばさ』

NHK朝ドラは日本全国いたるところで撮影されているように思いますが、主な舞台となって全都道府県を制覇したのは2009年とわりと最近だったりします。
その最後の場所だったのが埼玉県で、「つばさ」という作品でした。関東はロケ地としてもよく使われているイメージがあるから、埼玉が最後だったというのは少し意外でした。

「つばさ」は2009年3月30日から9月26日まで放送されていた80作目のNHK朝ドラとなります。
オーディションで1593人の中から選ばれた主人公の多部未華子さんは、歴代朝ドラヒロインとしては初の平成生まれなんですよ。
他に、つばさの母の玉木加乃子に高畑淳子さん、つばさの父の玉木竹雄に中村梅雀さん、つばさの祖母で加乃子の母の玉木千代に吉行和子さん、西城秀樹さん、冨浦智嗣さん、市山貴章さん、阿部亮平さんなどが出演されています。

主人公の玉木つばさは20歳の大学生で、実家が営む老舗和菓子屋「甘玉堂」の跡継ぎでもあります。また、「夢を追い求める」と言って母が出ていってしまったため、主婦として玉木家の家事全般も行っていました。
しかし、ある日突然母が帰ってきたことから生活が一変。つばさも知らなかった莫大な借金があるのが発覚し、借金の利子を帳消しにする代わりに貸主の斎藤の仕事を手伝うことを強制され、借金の取り立てで会った真瀬とラジオ局の開設に携わることとなり、隠れたバラエティの才能を見出され、ハプニングがつきもののリポーターに抜擢されたりと、いろいろなことが起こるのですが、いったいどうなっていくのやら・・・。
とまぁ、こんな感じのあらすじでしょうか。

それでは気になる主なロケ地巡りと行きましょう♪

まず、オープニングに出てくる架線柱が残る廃線跡は埼玉県川越市大字池辺の“西武安比奈線跡”です。
西武安比奈線跡ここはつばさと真瀬社長が最後に電波測定をした廃線跡でもあります。

オープニングに出てくる階段は、埼玉県川越市小仙波町1丁目の“仙波東照宮”で、つばさと翔太が初詣に行った神社も仙波東照宮なんですよ。
仙波東照宮

つばさが通う大学は“尚美学園大学川越キャンパス”が使われました。
尚美学園大学川越キャンパス

つばさの実家である老舗和菓子屋「甘玉堂」としてドラマに登場したのは、埼玉県川越市幸町にある“陶舗やまわ”です。
陶舗やまわドラマの撮影はスタジオのセットを使って行われたのですが、ドラマの中で出てきたトロッコのレールは陶舗やまわの店内には残っているものなんですよ。

主なロケ地しか紹介できませんでしたが、撮影が行われた場所は素敵なところばかりなんです。きっかけはロケ地巡りだったとしても、お気に入りの場所となるかもしれませんよ^^

そうそう、主演の多部未華子さんはつばさでの演技が評価されて、2010年にエランドール賞の新人賞を受賞しているんですよ!オーディションで選ばれるくらいだから、もともと実力があったのでしょうね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です