岩手県『どんど晴れ』

朝は時間がなくてどちらかというと昼の再放送をよく見てたのですが、昼休みの関係で最後まで見れないっていうね・・・^^;それでも気になってつい見てしまうのがNHKの連ドラですよね。

2007年4月2日から2007年9月29日にわたって放送された「どんど晴れ」。2011年4月24日にはNHK BSプレミアム開局記念の一環として続編となるスペシャル版が放送されました。

どんど晴れの舞台となったのは盛岡市と横浜市。初めて岩手県がNHK連続テレビ小説の舞台となった作品です。

「どんどはれ」のタイトルも岩手の方言に由来しています。
NHKの番組サイトでは、岩手県遠野地方で昔話を語る際に最後に言う言葉で「めでたし、めでたし」の意味との解釈が述べられていて、「物語は『どんど晴れ』を迎えるのです!」とドラマがハッピーエンドになることも意味されています。

ヒロインの浅倉夏美役である 比嘉愛未さんは、2005年に放送された『風のハルカ』以来3作ぶりにオーディションによって選ばれました。
他に、リュウシウォンさん、相沢紗世さん、別府あゆみさん、白石美帆さん、神木隆之介さん、川村ゆきえさん、森昌子さん、内田朝陽さん、大杉漣さん、東幹久さんなどが出演されています。

どんど晴れは、名門旅館に飛び込んだ都会育ちのヒロイン・浅倉夏美 (比嘉愛未) が伝統と格式の前で奮闘しながら成長していく姿が描かれています。
横浜で生まれ育ち、実家のケーキ屋「ル・ヴィザージュ (Le Visage) 」で見習いパティシエとして働く23歳の浅倉夏美は、横浜のホテルで働く加賀美柾樹(内田朝陽)と婚約中。
ある日、柾樹の実家である岩手県盛岡市の老舗旅館「加賀美屋」の大女将の祖母が体調を崩したことから、柾樹は実家を継ぐことを決心します。
柾樹は夏美のことを思い交際解消を申し出るのですが、夏美は「柾樹と生きていきたい」 という思いから加賀美屋で仲居として働き女将修行をする決心をします。
そうして始まった物語は、さまざまな困難を乗り越えながら、夏美の女将修行が続く中最終回を迎えます。

舞台となっているのが岩手県なので、いろいろなシーンが岩手県で撮影されました。
タイトルバックの一本桜は岩手郡雫石町丸谷地の小岩井一本桜
小岩井一本桜

加賀美柾樹の実家の最寄りの駅「盛岡駅」はJR東北新幹線盛岡駅
盛岡駅

岩手山が見える白いアーチ橋「開運橋」は北上川の開運橋
070917_1337

よく出てくるアーチ橋はJR釜石線宮守川橋梁
JR釜石線宮守川橋梁

などが主なロケ地です。

他にもたくさんのシーンが岩手県で撮影されているのですが、紹介しきれないので気になった人は自分で調べてもらえたら嬉しいです^^

それにしても、ドラマを思い出して懐かしくなりました^^2015年10月5日から2016年3月までBSプレミアムで再放送されているようなので、また見直してみようかな。今から見ても途中からだけど・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です