純情きらり

皆さん“朝ドラ”を見ていますか?月曜~土曜日まで欠かすことなく見ているという方も多いのでは^^
1回試しがてら見てしまったら、つい次の展開が気になって見てしまうものです。。。

私自身、朝ドラを見る習慣はないのですが、2006年4月3日から2006年9月30日に渡って放映され、毎日のように見てしまっていた「純情きらり」

あの頃は、そんなに出演者は気にもしていなかったのですが、今改めて確認してみると、そうそうたる方たちが。。。♪

今思い出すと、とても懐かしい。。。もう一度見たくなってきました^^主人公・桜子を演じる宮崎あおいさんのピュアな感じが可愛らしく、桜子の一途さ、夢に向かって時には挫折をしながらも努力する姿に見ている側も元気になれる感じがしていたことを思い出します。
お話は、桜子の幼少期から、結婚して我が子を産み、そして病によって命を落としてしまうところまで。。。最終回は自然と涙が
溢れてきた方も多いのでは。まだ戦争時代の話だったので、余計に心痛める場面もあったような気がします。

この物語の舞台は、愛知県岡崎市にある八丁味噌の蔵元なんですよ~。撮影が行われていたころからその後まで、現場には
たくさんのツアー客の方が訪れていたんだそう。そこの経営者の方も積極的にお客様を受け入れていたんですね^^
八丁味噌が有名ということで、こちらにいらした方たちは、味噌汁や味噌田楽の試食を楽しんだり、“味噌ソフト”を食べたり、
味噌を存分に味わっているんだそうですよ~^^やはり本場の味は、私たちが普段から食べているものとは少し違うんでしょうね♪
純情きらりの出演者の皆さんも食べていたのかもしれませんよ~!!

主人公の桜子といえば、お話の後半には小学校の先生として活躍していました。その撮影場所となった学校も実際、茨城県にあるんですよ~。ピアノを弾いていたのが、強いイメージとして残っている方も多いのではないでしょうか♪

他にも、幼少時代の有森桜子の弟がいじめっ子の高島キヨシにからかわれた路地が東京都府中市南町にあったり、桜子が、女学校に向かい自転車で走っていた桜並木は、愛知県岡崎市伊賀町・東郷中伊賀八幡宮前の桜並木だったり、たくさんの場所で撮影が行われていたんですね!

懐かしさを感じながら、撮影していた場所巡りをするのも新たな発見を見つけられたりして楽しいかもしれませんね^^

何処も景色がいいところなので、純情きらりを見ていた方も、見たことがない人も一度訪れていてはいかがでしょうか♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です