純と愛

NHKの朝ドラは、これまでにたくさんのドラマが放送され、さまざまな場所でロケが行われてきました。よく撮影が行われている場所もあれば、久々な場所もあったりもします。

久々の撮影といえば、沖縄で11年振りにロケが行われたのが「純と愛」です。

「純と愛」は2012年~2013年に放送され、沖縄県宮古島市と大阪府大阪市を舞台としています。

宮古島出身の“純”は「まほうのくに」のようなホテルを作ることを目指す本作のヒロイン。大阪にあるホテルで働き、後に夫となる“愛(いとし)”と共に夢に向かって奮闘する姿が描かれていて、物語は3部構成になっています。

第1部は、“純”が初めて就職した高級ホテル「オオサキプラザホテル(後のカイザーオオサキプラザオオサカ)」での修行と、吸収合併した後のホテル再生への一致団結や、家族が残る宮古島のホテルでの再建へ向けた葛藤など、物語の前半になります。

後半のほとんどを占めるのが第2部。純の再就職先となる大正区の旅館「里や」で理想とする「まほうのくに」のようなホテル作りに取り組みつつ、宮古島から大阪に越してきた家族との対立や、お客さんの不注意が原因で里やを失ったり、純と愛の離婚問題と、さまざまな問題が起きます。

そして、後半の最後を締めくくるのが第3部となります。里やのお客さんの1人から宮古島の別荘を提供してもらい、その別荘を改装してホテルを開業することを決意し、家族とともに宮古島へ帰ります。だけど、開業準備は思うように進まず愛はいら立つようにもなったりしながら、改装も終わりオープン目前となります。そんな時、愛が脳腫瘍を発症して倒れ手術することになり、手術の日にホテルのオープンを迎えたのですが、台風の被害を受けオープンできなくなるし、愛の腫瘍は脳幹まで達していて完全に取りきれず目を覚まさず昏睡状態になり、愛は目を覚まさないままだけど、淳はホテルの再開を目指し物語は幕を閉じます。

あらすじが長くなってしまいましたが、それだけいろいろなことがおこり、朝ドラにしてはおも~い内容だったかもしれません^^;

そしてロケ地はといいますと、純と愛が宮古島で再会したビーチは「砂山ビーチ」、純がリニューアルオープンのチラシを配っていた場所は「池間大橋」、純が宮古島にオープンしようとしたホテルは「ホテルサウスアイランド」だったりします。池間島のハート岩でもロケが行われ、池間島のハート岩は口コミで人気が広がってたんだけど、純と愛のロケ地になったことで知名度が一気に上がったんですよ!

純が初めて就職したホテルは「ANAクラウンプラザホテル大阪」が使われたし、他にも宮古島空港や、てぃーあんだ堀江店、ロケゆいレール那覇空港駅など大阪と沖縄のいろいろなところでが行われました。
知っているところが流れたり、ドラマを見て行ってみたくなった場所がたくさんあったのではありませんか?^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です